助産師による出産の流れ

1.妊娠したと思った時

まずは、産婦人科を受診して妊娠の診断を受けてください。経過が順調なら助産師に連絡をして「助産師による出産の説明」を家族といっしょに聞いて助産所出産にするのか病院で出産するのかを決めます。家族の意見も大事になります。
妊娠初期から助産所出産を希望しているのならば早い時期に助産師に連絡を入れてもらった方がよいです。迷っている場合も話を聞いてみるとよいと思います。少し遅くなっても希望があれば連絡をしてください。

2.定期健診と体調管理

嘱託医師で初期の血液検査と妊婦健診を受けている時は異常なければ、助産所での妊婦健診になります。健診の時に時間を取って妊娠中の体調管理の話をさせていただきます。
他院受診している場合は助産師宛の紹介状を書いてもらい助産所へ移ります。

3.助産所で受けられるお産

妊娠、出産、産後や新生児に異常がないことです。詳しい条件は「助産業務ガイドライン」に沿って対応します。

4.病院との連携

有床の開業助産師は嘱託医師(かかりつけ医)と連携医療機関(救急対応できる病院)を持つことが義務付けられています。
妊娠中に気になることがあれば、助産所での妊婦健診と並行して嘱託医師を受診してもらいます。さらに治療等必要な場合は連携医療機関の伊那中央病院へ紹介します。

5.出産中に異常が出たら

連携医療機関の伊那中央病院に連絡をして受け入れを要請します。
緊急度が低ければ自家用車で行きます。出血など緊急を要する場合は救急車を要請します。助産師も救急処置はしますが、助産師の出産では、病院へ行く搬送時間がかかるといことを承知してもらうことです。

6.助産による出産のメリット

「安全に安心して出産すること」が最大目標です。それに向かって妊婦さんと助産師の二人三脚です。自分で健康管理して自分が産むという意識を持って出産に向かうために、妊娠中からいろいろな相談にのったりしながら人間関係を築いていきます。妊婦健診を大事にして1回の健診に1時間半くらい時間をとります。
産後は母乳のことなどきめ細やかにケアさせていただきます。産後5日間は入所や訪問でお母さんと赤ちゃんの様子を見ていきます。
産後のお母さんの体の癒しも行います。2週間訪問、3週間訪問、ほか必要時に訪問をして、少なくとも1ヵ月健診までは責任を持って診ていきます。
会陰切開は行いませんが、少し切れた時には処置をします。
生むスタイルは自由に姿勢を取ってもらいます。

7.里帰り出産への対応

里帰り出産の受け入れをしています。遅くとも妊娠34週までには帰省してもらいたいですが、帰省してからの関わりだけでは人間関係が築けませんので、健診結果を知らせてもらったり、契約をした時点から電話やメールで連絡を取り合っています。

8.助産所の出産の様子は?

現在、上伊那では6軒の出産を取り扱う開業助産師がいます。助産所に入所しての「助産所出産」と自分の家で出産する「自宅出産」に応じています。出産時は複数の助産師で取り扱いをするようになっており、助産師1~2名がサポートに来ます。

9.助産師選びは?

大枠の決めごとはどこも共通です。しかし、助産師それぞれによってお産に対する考え方やケア内容は多少異なります。上伊那は助産師との相性や信頼性や家と助産所の距離など考えて助産師を選べるぜいたくな環境です。
助産師に任せればよいということではなく、一番は気心打ちとけて、この助産師と一緒にやっていけると思えることです。

10.明生助産所 助産所出産と自宅出産

助産所出産:

助産所に入所して出産し、産後数日間入所します。授乳の仕方など必要時にいつでも看ることができます。特に入所中は十分に休養を取ってください。面会はいつでもできます。
地元野菜を中心にしたバランス食をお出ししています。

自宅出産:

妊婦さんが移動することがないのは楽です。ふだん生活している場所で「お産」が生活に取り込まれます。ふだんの生活の中ですのでお子さんの立ち会いも気楽にできます。出産後の家事など家族の協力体制を整えて休養できるようにしてください。産後数日間お母さんと赤ちゃんのケアに伺います。夜間でも必要時はいつでも訪問対応します。
準備品などは助産師が持っていきますので特別必要ありません。

11.出産にかかる費用

出産手当一時金に基づきます。詳細はお問い合わせください。